So-net無料ブログ作成

UA803 for IAD via NRT, 2012-09-16 [飛行機]

朝4時、ウェイクアップコールが部屋の電話に鳴り響く。以前痛い思いをしているので、5分後にreminder(スヌーズ)を頼んでいる。でも、眠いものは眠い。
朝5時にチェックアウト。予約してタクシーに乗る。どこの世界もタクシーはやたらと飛ばすものだ。
あっという間に、チャンギ空港第3ターミナル出発階に到着。ユナイテッド航空のチェックインをする。自分は平会員のため、10分ほど待たされる。チェックインになって、びっくり。…こら、コンフィギュ変わってるだろ!座席も指定入れておいたのに、あっさり変更。バルクヘッドが取れたので、ゆっくり休めると思ったのに。一応文句は言ったが、「通路側」の指定の範囲で変更させて頂きましたとのこと。
さっさと出国し、とりあえず朝食を。ユナイテッドの朝食は貧相すぎるのをよく知ってるから。Burger Kingでガツンと食べようかななんて思っていたら、朝食メニューだった。マクドと同じ…。
特に免税店で買いたいものないし、さっさと搭乗ゲートへ行き、手荷物検査を受けて、搭乗した。隣の男は…、やっぱり大男だった!この馬鹿、シートベルトを反対に締めてるし。デカイ野郎は、エコノミークラス搭乗禁止!
やっぱり貧相なUAの朝食。オムレツとパスタのチョイスは、未来永劫変わらないのかもしれない。暗くなったら、もう寝るしかない。上手く体を捻じ込んで、ひたすら眠る。ま、おかげさまでかなりよく寝れた。
日本到着直前に、ちーーーーーーーーさなサンドイッチが配られる。…ひとくちである。
成田の北側から、A滑走路に着陸。出発が若干遅れたが、到着はオンタイム。案の定、客のほとんどは乗り継ぎゲートに消え、わずかな客とクルーだけが日本入国した。最近、飛行機を降りるとき、機長とハイタッチをするのが「慣習」である。べつにいーだろ(笑)?
成田エクセルホテル東急の駐車場に止めておいた車を引き取り、自宅に戻る。はぁ、疲れたなぁ。

ホテル、チェンジ。2012-09-15 [ホテル]

最終日の前日、あまりやらないことだけど、ホテルを変えた。
インターコンチネンタルはアンバサダーの特典で16時チェックアウト可能である。それを最大限利用!
明日はどうせ、早朝にチェックアウトしなければならないから、いい宿に泊まる必要がない。
無駄だから、宿代をスラッシュ!
シャワーだ、ジムだ、プールだ、風呂だと、さんざん遊び倒して、チェックアウト。
玄関でタクシーに乗って、中華街を抜けて、Holiday Inn Atrium Singaporeへ。割とここに止まる機会は多い。
チェックインして、じっとはしていられない。まずは、16番のバスでオーチャード通りへ。
目的の、海外初の公認AKBショップへ。SPACEという雑居ビルにあるのだが、正直ストリートパフォーマーが跋扈する、正直居心地があまりよくないというか、治安の面で今一歩というか。肝心の中身も、腐った物販ショップにカフェが付いた程度。風俗営業法の関係もあって、風紀に厳しいシンガポールでは、他のアジアの国のように、サテライトチーム&劇場を設置できなかったのだろう。やっぱり劇場がないと、しらけてしまう。JCB特約店のはずなのに、カードも使えなくなってるし。ここに行く価値、ないよ。無駄な時間だった。
その後、またマッサージに。しかも同じお店に。でも着ていたものが違ったせいで、ばれなかった(笑)。
Wisma Atriaで、SALOMONのトレーニング用Tシャツとキャップを購入。唯一のお土産らしいお土産。日本だとSALOMONは完全に冬のスポーツ専門ブランドだが、東南アジアだとトレッキングなど、マウンテンスポーツのブランドになっている。結構値段の高いトレッキングシューズも売っていた。
4階のFood Republicで、お待ちかね、待望の海南式チキンライスを!美味い、美味すぎる。どうして日本で流行らないのだろう?しかも、チキンスープで炊き上げた長粒米がジャストフィット!
帰りのバスを16番じゃないのに乗ったら、途中で違う方向に曲がってしまったので、そこからホテルまで1キロくらいだったので、歩いて帰ることにした。その途中にある「世界城 Great World City」というショッピングモールに寄る。ホテルの至近なのに、いつもバスで通り過ぎていただけでしたが。そんなに大きくはない、イオンモール程度のショッピングモールでした。スターバックスでグランデノンファットラテを注文。シンガポールは暑いけど、ここはホットで。
ホテルに戻ったら、明日は早いので、チェックアウトの用意をしながら、風呂に入る。明日は起きるだけ。一路日本、現実へ。

まるで草刈り場。 [旅行]

さて、カルフールプラザシンガプーラ店に地下2階から入ろうとしたら…、シャッターが。営業が終わったわけではなく、入り口封鎖だった。
1階に上がってみると、そこは、今まで見慣れた、圧倒的な品数と店舗面積で売る姿はどこにもなかった。
地下2階へ降りるエスカレーターは、既に封鎖されていた。残された1階の売り場も、既に半分以上の面積が何もない状態。今まで地下にあった家電やパソコン等も、1階に、しかも野積みで売ってた。
実は、この週末、カルフールシンガプーラ店は、閉店を見込んで、オール30%引きの「投売り」に入っていた。
お客さんは多い、しかし既に品物が…。そう、既に刈り尽くされた、草刈り場だった。
自分は洗顔フォームとローションを買った。…どこでも買えるじゃん。もちろん3割引。

おそらく、サンテック店も、あと1ヶ月ぐらいしたら、そういう風になるのだろう。

ヨーロッパの不況が災いしたとしている、アジアからのカルフール撤退劇。シンガポール2店のお客さんはかなり入ってたと思うだけに、疑問が残る。

MRTでブギスに戻り、ホテルに戻って、着替えて、ジムのランニングマシンで30分間みっちり走る。10分くらいで汗だくになる。おかしい、運動不足だから、もっと着火点が先でもいいのに。久々にちゃんと運動したぞ(笑)!

マッサージに行って、中華料理。 [食事]

バスを降りたら、行きつけ?のマッサージ屋へ。昔はJCBラウンジの自作の紙にしか載っていなかったけど、今はJCBパスポートに載っている。同じフロアにいくつもマッサージ屋があって、紛らわしさは相変わらず。
土曜の夜にしては空いていた。こっちには好都合。足裏30分と全身30分で、40ドルコース。しっかり揉んでもらい、日本での活力にする?

その後、バスに乗って、Plaza Singapuraに。Carrefour閉店なので来てみたが、どうもここ自身も改装中のよう。
上海に行ったときに行き損ねた「南翔饅頭店」に(苦笑)。さすがにCrystal Jadeばっかりじゃ。上海では行列が長すぎて、行く気がしない名店であります。炒飯と饅頭、マンゴープリンを食べる。
…、え、ブギスジャンクションにもあるの?なんだ、ホテルのそばじゃねーか。
正直、店員のスキルが低い気がした。もうちょっときびきびやれば、回転が上がるのに。Crystal Jadeは上海でもレベルが高かったけど、こっちはシンガポールではいまいちでした。

A farewell to Budget Terminal [飛行機]

わずか6年で、その役割を終えることになった、チャンギ空港のバジェット・ターミナル。
前は通ったことあるけど、入ったことはなかったので、今回最後に行ってみることにした。ちなみに9月25日の午前2時をもって、閉鎖である。
なぜ短期間の閉鎖になったのか。チャンギ空港第4ターミナルの建設が決まったからだ。まだ第3ターミナルが出来て、そんなに時間が経っていないのに、矢次早に決まってしまう。シンガポールの勢いはまだ留まるところを知らない。
で、ブギスから地下鉄で、空港へ。第2ターミナルの地下から無料バスに乗り、現地へ。
いや、「経済ターミナル」だけに、ほんとにそっけない。そっけなさ過ぎて、「あ、これはこれでペイしたかも?」みたいな。出発口もそんなにみるものないし、到着口はもっと簡素。
自分が思った以上にあっという間に見学終了。今までバジェットターミナルを使用していた会社は、当分の間第2ターミナルにお引越しである。

地下鉄は、タナメラからずっと立ちっぱなしになるので、座っていける路線バス36番を選択。空港からダウンタウンまで、ずっとパソコン(Wifi環境はないのでワープロだけ)をいじっていた。
土曜の夜なのに、思ったほど渋滞がなく、ウルトラスムースにダウンタウンへ。もうちょっと時間がかかるとみていたのだが(笑)。

InterContinental Singapore [ホテル]

InterContinental Ambassadorになってからは初めてのシンガポールのインターコンチ。
ホテル激戦区のシンガポールで、IHGの旗艦店だがどうだ?正直、以前泊まったときは、あまり良い印象はなかった。「別にインターコンチにしなければならない…、という理由がない」と言った感じ。それほど、シンガポールのホテルは選択肢が多い。
今回は1泊300ドル。もちろん、かなり高すぎる。ただし、Ambassadorのバウチャーで、2泊目は無料。つまり、1泊150ドル換算ならば納得はいく。
深夜なので、ドアマンがいない。タクシーで2個のラゲッジを持つ私には少々しんどいが仕方がない。
ただ、自動ドアじゃない玄関。ドアの痛み方がかなり激しい。あれ、これはリノベーションはやってないな…。
フロントマンは親切で、ネットや朝食も無料、最終日は16時チェックアウトと案内してくれた。
部屋は1526号室。16階建てなので、いい部屋だと理解した。
しかし、部屋に入ると、いろんなパーツも痛んでるし、クロスも汚れている。ペラナカン様式が売りのインターコンチだが、これは明らかに経年劣化による汚れ。IHG旗艦の名が泣くね。Crowne Plaza Chang APやHoliday Inn Singapore DT Ctrの方が綺麗だ。
IHGに拘らなければ、ConradやMandarin Orientalの方がいいなぁ。マリーナ以外にもホテルあるし。
とりあえず、眠いので風呂に入ってさっさと寝よう。
シャワーブースのシャンプー置きも、小さすぎる。化粧室全体はいいが、使い勝手が悪い。
ベッドは高い。寝心地は良かった。

朝は、Olive Treeで朝食。ホテルだからおいしいのは当たり前。ただ品数は少ないかなと思った。
しかも店員が、まだ食事始めてすぐだったのに、食事が終わったと勘違いしたのか、片付けられてしまった。そのために、私物を置いておいたのに、それも一切合財片付けられてしまった。すぐにボーイさんを読んで、元通りにしてもらう。目配りが足りないねぇ。
急いでやることもないので、部屋に戻ったら、また寝ることにした。

今、シンガポールで一番ホットなホテル、つまり客を集めてるのは、間違いなく、マリーナベイ・サンズ。
他のホテルは、お客さんが逸走しないよう、かなり手を売っている。値段だったり、リノベーションだったりだ。
その中で、InterContinentalは遅れている。今のままではジリ貧は間違いない。泊まり賃に値しないホテル。看板だけでやってるホテル。今のInterContinental Singaporeはそんな感じだ。
リノベーションをきちんと終えるまで、ここには今後泊まることはないかな?

UA803 for SIN, September 14, 2012 [飛行機]

実は新生ユナイテッドになっての、初フライトです。しかし47番搭乗口に横付けされてるのは、旧塗装のB777-200ER。中も前とほとんど変わっていない、エコノミークラスは2-5-2アブレスト。
ほぼ満席の飛行機は定刻に出発。夕暮れの成田を約30分後にテイクオフ。
乗組員さんは、良く言えばベテランさん、悪く言えばおばさんが多い。アメリカの航空会社らしい。こころもち、以前より日本人の乗組員が増えた気がします。
ドリンクサービスの後は夕食。UAの機内食にはまったく期待していない。選択肢はやっぱり、"Pasta or chicken?"補足すると、ペンネパスタ(以前はラザニア)とチキンカレー?コーヒー紅茶用のプラスチックのカップをつけなくなるなど、一段と合理化が進んだ感じ。
日本領空を脱出する前に食事が終わると、照明は暗くなり、睡眠タイム。
それにしても、ちっと寒い。いや、マジで寒い。空気排出口は遠すぎて手が届かない…(苦笑)。毛布が命の綱に見えてきた(笑)。
映画は見なかった。ジャズチャンネルで演奏を、買ったばかりのノイズキャンセルヘッドホンで聴いていた。オーディオシステムも昔のまま。しょっちゅう音とびがする。
エコノミーのシートピッチは狭いが、与えられた空間を精一杯利用する。
航路はかなり苦労したようだ。沖縄の北側をわざわざ回ったり、台湾に近づくも台北でなく、高雄付近を飛んだり。フィリピンに近づけなかったのは、天候が悪かったのだろう。
ホーチミンシティの近辺あたりで、ジャズチャンネルから、航空無線に変更。航空無線は専門用語(省略が多い)と、地点ポイントが分からないので、大変だった。しかもアジア訛りの英語が飛び交うし(笑)。意外とUA803便のパイロットも、ホーチミンコントロールと更新していた。パイロットの性格、ひいては国民性も、交信の中で出てくるのは笑う。
予定では、早着する予定だったが、遠回りになってしまったので、定刻にチャンギ空港に到着した。
いつものように、フライトデータブックを記入してもらったら、いろいろおまけをいただいた。UA803便クルーの皆様、ありがとうございました。

空港のCIQは30分で通過。早く休みたかったので、乗り合いタクシーでなく、普通のタクシーにした。なぜか配車の都合で、ミニバンがあたり。でも金額は普通のタクシーといっしょ。
行き先は、ブギスのインターコンチネンタルなので、乗車時間も短く、料金も安上がりだった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます