So-net無料ブログ作成

猛反省の一日。 [スキー]

なんで反省なのかというと、久々にやってしまった。
滑走中に、他人とぶつかってしまった。
昔は、スノボのターンの特性が分からなくて、よくぶつかっていたけど、今はスノボの動きが自分なりに読めるようになってきたのと、スノーボーダーの相対的なスキルアップもあって、ぶつかることはなくなってきた。
今は、滑走中でも、自動車やバイク運転中と同様、「首を動かして安全確認」をしている。視線だけ動かしても、危険要素を見落とすことが多い。
自分も一級を取得してからは、「他人とぶつかることは最低のこと」と思って、安全確保に努めてきた。技術選や競技のように、完全区画された中で演技をする場合を除き、ゲレンデは自分だけのものではないからだ。
…なのに、昨日はやってしまった。
もうすぐゲレンデの営業が終了となり、ゲレンデが幾分空いてきた時間だった。春スキーなので、バーンはでこぼこだけど、それなりのスピードで滑走が出来た。
自分がかなり空いているエリアで、右ターンへの移行に入って、右の下に視線を移した瞬間に、視界の右側の死角から、女性スキーヤーが突っ込んできた。
多分向こうが、こっちが高速右ターンをするとは思わなかったんだと思う。
ま、とにかくぶつかってしまい、お互いバインディングを外すほどの衝撃だった。
幸い、お互い怪我もなく、滑走を再開できた。
でも、自分が一番やってはいけない事態を招いちゃったのは事実。
そういう意味で、昨日の滑走は反省点だらけになってしまった。
それにしても、一日の始まりと終わりは要注意というのは、言いえて妙であるね。

ただ、この春の陽気でも、ピークシーズンよりも減ったとはいえ、腕に覚えがあるスキーヤー、スノーボーダーが来ていたのは、いいこと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます