So-net無料ブログ作成

気分爽快、心を解放! [乗馬]

ここに来たの、何回目か分からないけど、
(ていっても、10回は来てないはず)
今日は、にいかっぷホロシリ乗馬クラブに来ました。
今までは、「林間速歩コース」を選んできました。
正直、速歩なら全然OKだけど、駆歩に全く自信が無かった。
クレインのレッスンでも、速歩ではさすがに指摘事項が減ったが、
駆歩は全く自分のものになっていない。
駆歩が出るのは、何かのアクシデントに過ぎない(笑)。
それでも、「いつかは…」の気持ちはあった。
それが、今日、何もGWにやらなくてもと思うけど、
最近は以前ほど北海道に行かなくなったので、
貴重な機会は必ず仕留めたい。
その前提条件を基に、今回の旅行は組み上げた。

予約を入れたのですが、10時スタートしか空いてないとのこと。
ホテルは札幌だから…、早起きして運転しないと!
カーナビをセットすると、…余裕で遅刻じゃん。
ただ、北海道の場合、カーナビの計算と実態が合わず、
到着寸前に計算をやり直すという、嘘つき(笑)でもある。
2時間30あれば何とか…、今7時30分(爆)。
まぁ、何とかなるさ。ならなかったら、電話すればいいじゃん。
しかも、北海道警察交通機動隊がいっぱいお仕事してる。
結果は、ほぼ法定速度でも、9時40分には着いた。
受付をして、お着替えをすれば、もう10時ギリ。

芦毛のクーリンガー(クーちゃん)に当たる。
この仔、現役時代はブイブイ言わしてたらしい。
競馬時代と同じ名前なので、すぐ検索できます。
インストラクターさん(前もガイドしてもらった)と、
もう一人参加者。この人は、大学時代は馬術部にいたものの、
セレクション入部とのレベルの差を実感して、
普通に就職なさったとのこと。
…やっばり自分より上手いですね。
「林間駆歩コース」も「林間速歩コース」と同様に、
アップダウンの激しい森の中を行きます。
今回は、速歩が3回、速歩が2回、であとは常歩。
で、自分は最初の1回を失敗。
理由、トレイルに合わせてクーちゃんが少し動いたのを、
自分のお尻が捕らえきれず、速歩に落ちちゃった。
言わなかったけど、正直もう少しバランス崩したら、
最悪落馬もあった。
2回目、3回目は成功!
ただ、出足がちょっと伝わらないので、鞭を使って、
と言われる。それと、手綱を少々張りすぎてるので、
もうちょっと譲っていいよと。
時間に余裕があれば、拍車をつけても良かったかな?
手綱張ってるのは、クレインの馬場が狭いので、
そんなに手綱許すほどの駆歩なんてやりやしない。
それに、伸長の駆歩より収縮の駆歩の方が好き。
結構距離を行ったにもかかわらず、林間コースは
45分~50分で終了。
記念写真を撮ってもらって、騎乗料お支払いして終了。
本当はお手入れしたいけど、クレイン以外のお馬さんは、
「よそのもの」だけに、神経質になるからね。
しかも、GW大忙しのお馬さん。クーちゃんも、
11時からの初心者馬場+体験外乗に出かけて行きました。

でも、本当に駆歩ってこんなに気持ちいいって、
初めて知りました。
いつも、馬場のレッスンでは悩みに悩んで、
もうこれ以上上手くなんかならないかな?
そう思っていました。
でも、駆歩がもっと上手くなれば、
もっと長い距離を、馬場の制約も無く、
自分と馬の対話だけで、走れるのかな?と。

あぁ、そうか。
あれだけ、反対運動を浴びても、
ヨーロッパの連中が、狩猟乗馬を止められないのは、
こういうことか。
もっとも、駆歩だけではだめで、天然の障碍だの、
崖だの、水だの、あらゆる事態を乗り越えなければ。
落馬のリスクをわざわざ上げてるのだが、
落ちたら大変だ。馬はどんどん走ってっちゃうから。
他にも、踏み入れた農作物への被害を補償する、
猟犬をたくさん飼育するなど、お金がたくさん必要で、
当然会員は金持ちばかりだ。
それでも、なぜ?
それは、獲物を血祭りに上げるだけでは、説明できない。
やっぱり、駆歩で野を横切る爽快感!

今まで分からなかったことが、少し分かった気がした。
開放と書かずに、解放と書いたのは、こんなこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます