So-net無料ブログ作成

ついに、かぐらも終わり。 [スキー]

予定を繰り上げて、かぐらもシーズンを終了した。
今シーズンは本当に積雪には恵まれなかった。全国的にね。
豪雪地帯のはずの、GALA湯沢もたしか3mを超えなかった。
2月になっても、ずっと積雪が足りなかった。4月半ばで営業が終わってしまった。
残るスキー場はいよいよ月山だけになった。
しかし、月山は距離が遠い。しかも、リフトの乗り継ぎとかがちょっと違う。
体育会系のマインドがないと、攻略できないスキー場だと思う。
その積雪はわからないが、多分平年よりは少ないと思う。

みんな、消化不良で終わったシーズン。
来年は、(雪国の人が困らない程度に)スキー場に雪がたくさん降るといいな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スポーツなのか、プレジャーなのか、ゲームなのか? [乗馬]

目標を持たず、ただひたすら癒しあるいは気分転換でしかなかった。
そんなわけもあって、私の乗馬歴は長いのに、全然うまくなってない。
後から始めた人が、どんどん自分よりうまくなっていく(苦笑)。
正直参考にならないのは十分わかっているが、一応乗馬5級しか持っていない。4級取得の目途は立ってない。
そんな自分だけど、今は何とか乗馬の三歩様、常歩、速歩(軽速歩)、駈歩は何とか出せる様になったと思う。それを馬場運動の中で応用することが課題が移っている。
で、昔はね、体中に力入りまくりで乗馬は「スポーツ」になっていた。無駄に(笑)。
「プレジャー」というほど、お気楽にやってはいない。
そうなると、馬との心理戦、つまり「ゲーム」になっているのかなと。
騎座というポジションが決まってしまえば、ほとんど自ら運動する必要はない。理想的にはね。
馬に運動してもらう。これが理想なんだけど、馬だって思うところはある。
馬がへそ曲げたら、鞭で打とうが、拍車を刺そうが、むしろ態度を頑なにして反抗する。
でも、冷たいようだがひとつたどり着いた結論がある。
乗馬クラブに所属している馬匹が「動かない」というのは、相当やばい。
乗り手の言うことを聞かない馬にいいことはない。馬は今では人の手がないと生きていけないから。現状、日本の乗馬クラブは競馬崩れのサラブレッドが多い。既に一度落第している。これで乗馬クラブで落第したら、…結果はお察しの通り。
今、馬に乗ると、「今日はどうやったら、動いてくれるかな?」と思う。
まず、馬に合う自分の騎座、脚、拳を「決める」。あとは、軽い脚の圧迫と腰骨の使い方で動いてくれる。従ってくれそうになかったら、軽く鞭を打つか拍車をこする。これでダメなら、自分が下手すぎということになる。
こうして、自分は昔ほど運動しなくなった。やっぱり脳内ゲームを楽しんているのかな?

ちなみに、馬を叱るのは、昔も今も下手。必要な時には叱らないとダメ、ってまだ言われる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます