So-net無料ブログ作成

UA803 for IAD via NRT, 2012-09-16 [飛行機]

朝4時、ウェイクアップコールが部屋の電話に鳴り響く。以前痛い思いをしているので、5分後にreminder(スヌーズ)を頼んでいる。でも、眠いものは眠い。
朝5時にチェックアウト。予約してタクシーに乗る。どこの世界もタクシーはやたらと飛ばすものだ。
あっという間に、チャンギ空港第3ターミナル出発階に到着。ユナイテッド航空のチェックインをする。自分は平会員のため、10分ほど待たされる。チェックインになって、びっくり。…こら、コンフィギュ変わってるだろ!座席も指定入れておいたのに、あっさり変更。バルクヘッドが取れたので、ゆっくり休めると思ったのに。一応文句は言ったが、「通路側」の指定の範囲で変更させて頂きましたとのこと。
さっさと出国し、とりあえず朝食を。ユナイテッドの朝食は貧相すぎるのをよく知ってるから。Burger Kingでガツンと食べようかななんて思っていたら、朝食メニューだった。マクドと同じ…。
特に免税店で買いたいものないし、さっさと搭乗ゲートへ行き、手荷物検査を受けて、搭乗した。隣の男は…、やっぱり大男だった!この馬鹿、シートベルトを反対に締めてるし。デカイ野郎は、エコノミークラス搭乗禁止!
やっぱり貧相なUAの朝食。オムレツとパスタのチョイスは、未来永劫変わらないのかもしれない。暗くなったら、もう寝るしかない。上手く体を捻じ込んで、ひたすら眠る。ま、おかげさまでかなりよく寝れた。
日本到着直前に、ちーーーーーーーーさなサンドイッチが配られる。…ひとくちである。
成田の北側から、A滑走路に着陸。出発が若干遅れたが、到着はオンタイム。案の定、客のほとんどは乗り継ぎゲートに消え、わずかな客とクルーだけが日本入国した。最近、飛行機を降りるとき、機長とハイタッチをするのが「慣習」である。べつにいーだろ(笑)?
成田エクセルホテル東急の駐車場に止めておいた車を引き取り、自宅に戻る。はぁ、疲れたなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

A farewell to Budget Terminal [飛行機]

わずか6年で、その役割を終えることになった、チャンギ空港のバジェット・ターミナル。
前は通ったことあるけど、入ったことはなかったので、今回最後に行ってみることにした。ちなみに9月25日の午前2時をもって、閉鎖である。
なぜ短期間の閉鎖になったのか。チャンギ空港第4ターミナルの建設が決まったからだ。まだ第3ターミナルが出来て、そんなに時間が経っていないのに、矢次早に決まってしまう。シンガポールの勢いはまだ留まるところを知らない。
で、ブギスから地下鉄で、空港へ。第2ターミナルの地下から無料バスに乗り、現地へ。
いや、「経済ターミナル」だけに、ほんとにそっけない。そっけなさ過ぎて、「あ、これはこれでペイしたかも?」みたいな。出発口もそんなにみるものないし、到着口はもっと簡素。
自分が思った以上にあっという間に見学終了。今までバジェットターミナルを使用していた会社は、当分の間第2ターミナルにお引越しである。

地下鉄は、タナメラからずっと立ちっぱなしになるので、座っていける路線バス36番を選択。空港からダウンタウンまで、ずっとパソコン(Wifi環境はないのでワープロだけ)をいじっていた。
土曜の夜なのに、思ったほど渋滞がなく、ウルトラスムースにダウンタウンへ。もうちょっと時間がかかるとみていたのだが(笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

UA803 for SIN, September 14, 2012 [飛行機]

実は新生ユナイテッドになっての、初フライトです。しかし47番搭乗口に横付けされてるのは、旧塗装のB777-200ER。中も前とほとんど変わっていない、エコノミークラスは2-5-2アブレスト。
ほぼ満席の飛行機は定刻に出発。夕暮れの成田を約30分後にテイクオフ。
乗組員さんは、良く言えばベテランさん、悪く言えばおばさんが多い。アメリカの航空会社らしい。こころもち、以前より日本人の乗組員が増えた気がします。
ドリンクサービスの後は夕食。UAの機内食にはまったく期待していない。選択肢はやっぱり、"Pasta or chicken?"補足すると、ペンネパスタ(以前はラザニア)とチキンカレー?コーヒー紅茶用のプラスチックのカップをつけなくなるなど、一段と合理化が進んだ感じ。
日本領空を脱出する前に食事が終わると、照明は暗くなり、睡眠タイム。
それにしても、ちっと寒い。いや、マジで寒い。空気排出口は遠すぎて手が届かない…(苦笑)。毛布が命の綱に見えてきた(笑)。
映画は見なかった。ジャズチャンネルで演奏を、買ったばかりのノイズキャンセルヘッドホンで聴いていた。オーディオシステムも昔のまま。しょっちゅう音とびがする。
エコノミーのシートピッチは狭いが、与えられた空間を精一杯利用する。
航路はかなり苦労したようだ。沖縄の北側をわざわざ回ったり、台湾に近づくも台北でなく、高雄付近を飛んだり。フィリピンに近づけなかったのは、天候が悪かったのだろう。
ホーチミンシティの近辺あたりで、ジャズチャンネルから、航空無線に変更。航空無線は専門用語(省略が多い)と、地点ポイントが分からないので、大変だった。しかもアジア訛りの英語が飛び交うし(笑)。意外とUA803便のパイロットも、ホーチミンコントロールと更新していた。パイロットの性格、ひいては国民性も、交信の中で出てくるのは笑う。
予定では、早着する予定だったが、遠回りになってしまったので、定刻にチャンギ空港に到着した。
いつものように、フライトデータブックを記入してもらったら、いろいろおまけをいただいた。UA803便クルーの皆様、ありがとうございました。

空港のCIQは30分で通過。早く休みたかったので、乗り合いタクシーでなく、普通のタクシーにした。なぜか配車の都合で、ミニバンがあたり。でも金額は普通のタクシーといっしょ。
行き先は、ブギスのインターコンチネンタルなので、乗車時間も短く、料金も安上がりだった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

このブログは基本的には、実際にやっていることor終わったことを書いてます。 [飛行機]

実は、JALのB787追加投入路線の情報をいち早くキャッチ!
11月にシンガポール旅行を入れてしまいました。もちろん、マイル特典で。
まだ情報が行き渡っていなかったのと、シンガポールはビジネス路線ともあって、取れちゃった。
正直、機材ってあまり興味無く、B787もB767のちょいいい程度しか考えていなかったんですが、これ取れちゃったら、行くしかないっしょ!
欧米に行く余裕がないんだし、ちょうどよかった。
JALは当面B787を国内線に投入する予定はなさそうなので、これが正解!
上手くいって、100点満点。
意外にも最初のB787は、ANAではありませんでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

JW8541 for FUK [飛行機]

日本のLCC、スカイマークの搭乗経験はありますが、外国から輸入されたLCCの搭乗は初めてです。
朝5時10分に、バスは成田空港第2ターミナルに到着しました。AirAsiaとJetstar、JAL、SKYは横に長いターミナルの反対に位置しているので、要注意。
既に、自動チェックイン機は動いていたので、早速予約番号を入力すると、あっけなく感熱紙のレシート…、もとい搭乗券が発券される。チェックイン機でのチェックインは出発1時間前に締め切られるので、要注意。それ以後はカウンターでのチェックインになり、手数料の対象になるので、これも注意!
6時15分に手荷物検査場がオープン、ご案内開始となる。大手のように、自動改札でないので、チケット確認に時間がかかる。いろんな形をした搭乗券を処理する手段は、プラスチックのものさしと蛍光ペン(笑)。
手荷物検査を終えると、駐機場まではバスでご案内。まだLCC専用ターミナルがないので、しばらくはバスで送迎となる。あの距離を歩くのは、きついし、危険(笑)。JALのB787(!)や、QFのB747-400LRという非常に珍しい機体を拝めた。なお、QFのB744LRは、B747-400とほとんどみてくれが変わらない。"LONGREACH"の文字を見つけられなかったら、完全にスルーでした。
まだまだ、新しいプラスチックの匂いが消えないA320-200に乗り込みました。昔乗った、ANAのA320とはやはりインテリアが刷新されているのが大きな違いです。根本は同じ機体なんですが。A320のもともとの先進性を感じます。
最後のバスが到着すると、早々に出発。Bランからテイクオフ…。ここで、徹夜のツケが回り、爆睡しかも非常に寝心地の悪い睡眠を。こういうとき、やっぱり座席のピッチが狭いと、とてもきつい。普通に乗っている分なら、あまり気にならないと思うので、国内線や韓国、上海程度ならあれでいいのでは?
途中、ほとんど起きることもなく、福岡空港第1ターミナルに到着。ここでは、ボーディングブリッジが付きました。気持ち悪さはマックスに達し、到着ロビーのソファーに横になって2時間ほど沈没してしまった…。
体力があって、遊びに使うなら、LCCは全然ありだと思います。ただ、ビジネスにはどうかなぁ?レガシィキャリアの本数は、ビジネスの武器です。自分がどのくらい飛行機に慣れているか、目的にかなっているか、によって使い分ければいいのでは?それと、高速バスのライバルにはなりそうですよ。やっぱり値段が近くなったのに、移動時間は大幅に節約できますから。

翌日に帰京。帰りはLCCに適当なスケジュールが無かったのと、せっかくあるANAの株優を使いたかったので、普通にANA便に乗り、羽田空港に帰ってきました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

相変わらず、地上業務はダメだわ、全日空は。 [飛行機]

本当は、8時発のフライトに搭乗する予定でしたが、朝起きたのが6時30分で、絶望的(苦笑)。夕べ、がんばってAKB48のオールナイトニッポン聴かなければ良かったんだけどね。
遅れてしまったものは仕方が無い。不幸中の幸いで、今回は「株主優待券で購入した航空券」で乗るので、ノーショーは自由だ(苦笑)。
とりあえず7時45分鎌取駅発のバスに乗ろうとして準備した。さて、準備も整いまして、家を出てしばらく歩いたときに、ふと携帯電話を持ってくるのを忘れたのに気がつく。そのバスも諦め、次の鎌取駅8時15分発のバスに狙いを変更する。
さて、電車からバスの乗り継ぎもスムーズに出来、道路も込んでなかったので、上手く9時20分頃に羽田空港第2バスターミナルに到着しました。
さて、ターミナルのロビーは…、機械化が進んでいるはずのANAなのに、めちゃくちゃ込んでる。チェックインマシンがフリーズしているし(苦笑)。おかげさまで、どこにも長蛇の列。
しかも、ANAの"販売兼務マシン"は相変わらず、株主優待券で買った航空券の繁忙期サーチャージの徴収が出来ない。何のためのシステムだ!ちょっといらいらして、係員に直接やってもらうように依頼した。
この係員がとんでもないアホで、2100円の請求書を持ってきた。
「なんでそんなに高いの?」って聞いたら、
「往復分、切りました」と、さも当然の顔をして言うので、
「あのなぁ、誰が往復分切れと言ったんだ!もし、サーチャージ対象外の期間に搭乗を変更したら、どうするんだ!なんで勝手に判断するんだ?」と、ちょっと意地悪。
「お切りしなおしましょうか?」というので、「いいよ…。」
ところがこれで終わりじゃない。
「…、おい、利用者控えはどうした?」
「えっ!」
「当たり前だろうが、クレジット決済してるんだから、控えが居るんだよ!常識だろ、常識!」
係員は慌てて、利用者控えを持ってきた。

この会社の人材に問題があるのか、ソフト開発外に問題があるのか、日立に問題があるのかは、分からないけど、毎年毎年、繁忙期の羽田空港でイライラするのは、何でだ?

芸能人発見。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NH074 for HND [飛行機]

昨日、散々揉めたチェックイン、今度こそ大丈夫だろうと思って、直接セキュリティにSkip!しましたが、エラー。携帯でも、ICカードでもダメ。保安検査の列からつまみ出されました。
ANAの職員が対応しますが、何も貰ってない書類を出せとぬかします。無い書類は無いだろ。しょうがないから、クレジット決済の領収書を出したのですが、結局対応できずにカウンターまで戻されました。お粗末もいいところ、ホントにANAのグラホスのレベルの低さに呆れるばかり。
結局ギリギリの搭乗になったのですが、搭乗開始が遅れており、JALの感覚で言うと「もう、遅延だな」と思ったのですが、そこはANAクオリティ、乗り継ぎ客がいたらしいですが、3分の出発遅れで済ませたものはたいしたもん。
フライトは前線の影響で多少は揺れたものの、順調に羽田に飛行。若干スケジュールより早く到着したのはさすが。ただ、フライト中ずっとふてくされていましたが。

降りたは良いものの、小腹を満たすお店が無いんです。カレー屋さんとかがあるといいんですけどねぇ。結局久々に日本そばを食べました。シンプルに夏らしくせいろそば。そば湯も入れて、おいしかったです。

20時45分発の千葉中央バス大網行で、帰宅の途に着きました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

UA804 for NRT [飛行機]

朝の4時30分のモーニングコールは1発で目が覚めました。さすがに一度やらかした寝坊はしたくないので…。
夕べあらかた荷造りはしておいたので、ゆっくりお風呂にも入れました。
5時30分に予定通りチェックアウトしました。青のCONFORTタクシーが待っていました。ヒュンダイのソナタですが、トヨタのコンフォートよりは快適かも?(爆)
運転手がインド系かアラブ系か知りませんが、飛ばす飛ばす。料金メーターから「安全運転」とか「危険です。スピード落として」みたいなメッセージが赤文字で(苦笑)。だからといって、「ここで下ろして」とも言えないし。別にせかしたわけでもなんでもないんだけど(汗)。
ま、とりあえず着きました。チェックインは第3ターミナルに移っても、有人カウンターのみ。1日2便だからしょうがないのか。多分スタアラ系とSQのシステムは微妙にインターフェイスしていないのかも?
Hard Rock Cafeに行ってもう一回確認したけど、やっぱりクラシックTは市内のカフェと同じものでした。DFS酒たばこ売り場で、4ドルを受け取りました(苦笑)。夕べ、スーパーでカヤパンを買っていたので、特に小腹を満たす必要もなく、気がついたら搭乗口にいました(笑)。こんなもんなの?
UA804便は定刻に出発しました。今日は旧カラーのB777-200ERでした。クルーはどうやらパイロット2名もクルーも行きと同じようです。今回の隣の人は残念ながら、XLARGEサイズの白人男性(爆)。狭そうだ。なんでせめて、Economy Plusにしなかったのだろうか?東京乗継でアメリカのどっかに行くらしいけど。
朝ご飯が離陸後30分くらいで出てきました。やはり「オムレツ」と「中華麺」の選択。東洋人は当然中華麺を選択するのに対して、白人はオムレツを選択する…んでしょうね。どっちも塩こしょうしないと、味になってません。
その後はひたすら爆睡…。気がついたらちょうどフィリピンの上でした。ここがNRT-SINの中で最も揺れるポイントです。案の定揺れましたが、そう長くは続かないこともお見通し。フィリピンを抜けてから沖縄までの間、ベルトサインが消えていて安定飛行だったので、席を外し、暗いキャビンを抜け出してギャレーのそばで情報誌"TODAY"を立ち読みしていました。最近The Strait Timesの代わりにフリーペーパーのTodayをよく見かけます。そして新聞読みながら、合間に柔軟体操・ストレッチなどをやっていきます。これがエコノミークラス症候群の対策となるのです。
沖縄に差し掛かったところで、突然ベルトサインが。徐々に揺れてきました。自分はジャズを聴きながら、うとうと寝てみたり…。気がついたら四国の前でした。ここからまた揺れが。これではサンドイッチはもらえないまま、ランディングかなと思っていましたが、一応配布されました。飲み物が保安上の理由で、冷たいものだけになりました。
あんなにグサグサ揺れてきたのに、北総台地はいい天気。こんなこともあるんですね。飛行機は16Rに定刻より約10分遅れで着陸、到着しました。原因は強い向かい風でした。
最後に降りるとき、ちょうど機長がほっとした顔で出てこようとしていた時だったので、右手を差し出しで、"Thank you!"と一言。キャプテンもサンキューで返してくれました。
入国はすぐに終了しましたが、手荷物がなかなか出てきません。今回はUAということで"平会員"の私は当然遅いです。税関検査もおとがめなし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

UA803 for SIN [飛行機]

セキュリティも出国審査もスムーズに通過しました。問題があったら困るんですけど…(苦笑)。
長い長いサテライトを歩いて、47番ゲートからご搭乗。今日もB777-200ERです。まだ出発30分前なのに、ほとんどの人が搭乗してたので、手荷物を収める場所を探すのに少々苦労しました。2-5-2の座席の場合、真ん中の列の荷物入れは開け閉めがしにくいです。白人男性がやらないと辛いです。CAたちですらかなり苦労しているので、3-3-3の方がアジアでは使い勝手が良いですね。UAのB777に乗るといつも思いますが。
予定時刻よりも早く出発し、18時ちょっと過ぎに離陸しました。この分だと、目的地にも早く着きそうで嬉しいですね。

さて、機内サービス…なんて期待してはいませんけど?(笑)
mixiでいい表現を使われた方がいて、
ファースト=上客、神様
ビジネス=乗客
エコノミー=貨物
って書かれてました。全くその通りです。安い運賃だから納得づくのことですから。
UAは今でもY相手だと、アルコールでお金を取ります。昔は5USドルが、6ドルに微妙に値上がりしています。NWはDLと合併したとたん、ビールとワインは無料に戻りましたので、少々差がつきました。
清涼飲料水だと、昔はペプシ陣営だったのが、コカコーラ陣営に変わっていました。ジンジャーエールはシーグラムという、アジアではお目にかからない酒造会社(キリンシーグラムという合弁会社はあります)。
ジンジャーエールを1本もらってよく読んでみたら、シーグラムもコカコーラボトリンググループの一員なんですね。
ことジンジャーエールに関しては、親ボトル会社の位置関係が捻れ現象がおきているようです。
種類がやっぱり減った気がします。
コーヒーは"一応"スターバックスだけど、めちゃめちゃアメリカン&当然グルメコーヒーではないです(苦笑)。

私が気にする音楽ですが、さすがジャズはUAですね。クラシックジャズとスムーズジャズと2チャンネル体制です。ここまで凝っているのはUAだけです。他の航空会社はジャズの選曲が貧弱で困ります。

機内食は…、ノーコメントとさせていただきます(笑)。別に機内食にお金をかけているわけでないので。美味しいものを食べたいと思ったらビジネスクラス以上に乗れば良いだけ。
もっともUAやDLに味を期待していいものなのか?そこんとこは悩んどけ?(爆)だから、運賃はいっちょまえに取るJALの機内食が激しく落下したのには、がっかりしまくりです。もうINTはマイル特典でしか乗りたくないです。特にTFK調製の便は。
ANACは大丈夫なのか?最近NHのINT乗ってないし、11月まで乗る予定も無いですが…。
UA?成田自社工場製ですよ。問題なし(笑)。
メインが「パスタ」か「チキン」と聞かれたとき、過去何度かユナイテッドの機内食において痛い思いをしていますので、迷わずチキン!と選択しました。他の人が選択したパスタを見ましたが、やはりとても美味しそうな気がしません。チキンの方は甘いカレーと蒸したご飯の弁当風。
全般的に、"エサ"の質そのものは昔と大差なかったですが、最後のケーキが、工場製の生ケーキだったのが、パックに入ったアメリカ産のケーキに変わって残念。味は、大甘というか大雑把(爆)。
あとサラダにかけるドレッシングがサウザンドで、結局、フォークで救い出すことになりました。サウザンドはアメリカ人好みだからメニューに載せたのだろうが、私はフレンチか和風のほうが使いやすいんじゃないかと。

Worldwide Serviceの一環として、定期的にプレゼンをやって、機内食をやっているらしいですが、コーチクラスは
ジャッジはひょっとして人間じゃなくて、犬では?(爆)

"エサ"の時間が終了すると同時に、食前に飲んでいた薬が効き目を発揮し、クラウンプラザでもらってきた"Eye Warmer"を装着して居眠りを開始しました。
飛行は順調ですが、ときおり若干揺れることがあります。飛行計画通りに飛ぶと、雲がある地域を飛ぶことがあるからで、また結構な追い風に乗って飛んでいるのも理由といえそうです。

ほとんど爆睡したまま、降下を向かえ、想定通り30分ほど早くシンガポールチャンギ空港に到着しました。

隣に座っていた、シンガポールの女性は結構美人でした。めんどくさかったから黙っていたんですけど、自分のごみの始末を見て、"TIDY"って言ったり、インターコンチネンタルの近辺の美味しいお店を教えてくれたりしました。ありがと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

JL540 for HND [飛行機]

荷物棚の争奪戦に巻き込まれたくないので、早めに搭乗の列に並んだのですが…、搭乗したのは19時50分ってあれっ、もう既に出発時間を過ぎてるじゃん!荷物棚は確保できましたが、相変わらずトランク持ち込む客多いなぁ…。それでなくても札幌の日曜夕方出発便は客が土産満載で乗るんだから、ゲートで徹底的に貨物室に誘導して欲しいのに。
結局、20時5分に「羽田コントロールの指示により」遅れて出発しました。普通、管制指示の待機は、乗客の搭乗を完了してからじゃなかったっけ?どっちみち結果は一緒だから、いちいち揚げ足取りするのは面倒だからしないけど、言い訳だと思います。
追い上げは見せたものの、結局21時42分到着。
飛行機の場合、到着してからボーディングブリッジを接続して、ドアを開けてから降機という手順を踏むので、結局外に出られたのが21時47分。21時50分発の大網行きのバスに滑り込みアウト…。
てゆーか、到着時点で無理だと思っていましたが。
クラスJだったら走れば間に合ったかもしれません。UPしておけばよかったかなぁ。(多分)クラスJは満席だったと
思うけど、エコノミーは間席を中心に空席がチラホラ。空港の表示は満席でしたが。
ちなみに札幌ではハーフマラソンがあって、その客がそれなりにいましたが、それでも満席にはならないんですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます