So-net無料ブログ作成

新潟旅行 [オートバイ・ツーリング]

夏に新潟に行くのは珍しいのだが。

19日土曜日、お寝坊したのもあって、もう渋滞解消したかな?と思った、13時過ぎに家を出発。
京葉道路で市川まで行って、県道1号線で外環道に入る目論見だったのだが。
首都高が事故渋滞のあおりで回避した車が、対して大きくも無い県道に殺到。
千葉県を脱出するのに偉い時間がかかってしまった。
外環道でも事故渋滞があり、関越道の三芳PAには16時30分。これでは宿に迷惑をかけるので、電話を入れた。「まだそこ?大変ね」
その後、上里SAで休憩して、湯沢ICを出て、国道353号線を西へ向かい、十日町瀬戸口の「清津峡温泉ユースホステル」に到着したのは、20時くらい。353号線は暗いわ、急勾配急カーブで怖かった。
このユース、昭和12年築なんだそうな!
「これは典型的なボロユースかな?」
と思ったが、そうでもなかった。ちゃんと手を入れるところは入れてる。トイレもキレイだったし、風呂は温泉!
夕食と朝食を頼んでいたが、量質共に良かったです。もっともあまりに田舎で、コンビニすら近くに無いので、メシ抜き素泊まりなんてやってらんない(笑)。
ちなみに「温泉ホテルせとぐち」の方が本業ですので、電話すると「瀬戸口です」といわれる。
ホテルといっても、いわゆる旅館なので、隣の声が筒抜けなのは…。しょうがない。

翌日は、まず魚沼スカイラインを走りに行く。八箇峠側の出口が夏シーズン終わりまで工事中のため、十二峠側から入ったら最後、戻ってくるしかない(笑)。
魚沼平野の大パノラマ…が見えるはずだが、生憎低い雲があって、バーンときれいに見えはしなかった。ただし、快晴だったら最高だと思われる。
上越国際スキーリゾートのゲレンデが道路を横断しているのも分かった(笑)。
ま、結局何人かは物好きの人がいて、八箇峠展望台で折り返す人もちらほら。私もそう。

せっかく、GALA湯沢から夏営業の一日券をもらっていたので、GALAへ。バイクで行くかいな、ふつー。
バイクだから、フルレンタルして、上がる。10時半過ぎだから、意外に早くゲレンデイン。
ピスラボは相変わらず難しい。なかなかエッジが捕らえてくれない。しかもレンタルスキーが、今のレンタルの一つ前世代のやつで、フレックスがへたってるわ、エッジは悪いわ。もっとも、ピスラボを滑ると滑走面とエッジを激しく消耗するので、しかたがない。見ると、サマーゲレンデ専用に滑走面を全てステンレスにしてる、専用チューニングをしてる猛者もいた。
なんだかんだで、16時のゲレンデクローズまで遊んでしまった。

その後、ゆざわ健康ランド(いつもスキーシーズンにお世話になってます)で、風呂に。公共温泉の方が安いのですが、落ち着かないので。
気持ちが良かったのですが、腰を落ち着けちゃうと眠くなっちゃうかもしれないので、18時ぐらいにチェックアウトして、関越道へ。
…事故渋滞だって。赤城から。あーあー、じゃあ手前にある赤城高原SAで時間つぶしをするしかないか。車なら座席を倒せば寝られるけど、バイクはそうは行かない。
SAで味噌ラーメンを食べて、片付けないで居座る(笑)。事故が片付いた頃を見計らって出発。
上里SAで休憩。東松山付近周辺で渋滞があるとのことで。結局渋滞解消のニュースを見ないまま、出発したが、渋滞は解消していたようだった。
三芳PAで最後の休憩。だんだん、寝不足から来る偏頭痛が酷くなってきた。脳内酸欠なんだろうね。とにかくきついので、スピードを上げない、ペースカーを見つける、の二点を重視して走ることにする。既に23時過ぎてた。
結局、1時30分頃に家に着いた。きつかったぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます